ホーム の中の 相談したい の中の お金や契約に関する困りごと の中の 契約や財産管理に不安になったら

契約や財産管理に不安になったら

本人に代わって財産などの管理をします。
また、安全で快適な生活への配慮をします。

図

成年後見制度って?

 認知症や知的・精神に障害がある等の理由で判断能力が十分でない人に代わって財産を管理したり、契約を結ぶことができる援助者を選び、本人を法律的に保護する制度です。

 成年後見制度は、その内容において、大きく法定後見制度と任意後見制度に分かれます。

  •  法定後見制度
  •  家庭裁判所が、本人の判断能力の程度に応じて、「成年後見」「保佐」「補助」のいずれの類型に該当するかを決定した上で、本人を支援する「成年後見人」「保佐人」「補助人」(以下、「後見人」といいます。)を選任します。選任された後見人は、本人のために必要な契約の締結を行ったり、後見人の同意を得ずに行った契約を取り消したりする権限を用いて、本人を支援・保護します。

  • 任意後見制度
  •  本人が十分な判断能力を有しているうちに、自身が認知症になる等、将来の判断能力低下に備えて、あらかじめ自らが選んだ任意後見人に、財産管理、療養や介護に関する契約の代理権を与える契約を結んでおくものです。

成年後見制度について知りたい・相談したい

 京都市成年後見支援センターにおいて、成年後見制度の利用や申立てに関する相談に応じています。

京都市社協の取組

 成年後見人に京都市社協が法人として就任する「法人後見事業」に加えて、京都市からの委託を受け、市民後見人の養成とその活動を支援する事業も実施しています。

図

お問合せ・ご相談

京都市成年後見センター

075(354)8815

社会福祉法人 京都市社会福祉協議会
〒600-8127
京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町 83-1 ひと・まち交流館 京都 内
TEL:075(354)8731
FAX:075(354)8736
お問合せ