ホーム の中の 相談したい の中の お金や契約に関する困りごと の中の 一時的に必要な経費でお困りの方へ(福祉資金)

一時的に必要な経費でお困りの方へ(福祉資金)

貸付対象

 この資金は、低所得者や障害者・高齢者世帯を対象に、必要な資金の貸付と民生委員による相談支援を行い、生活の安定を目指すことを目的としています。

資金の種類

写真
  • 福祉費:次のような使途で資金が必要な場合にご利用いただけます。  
    1. 生業を営むために必要な経費(生業)
      ◇事業を営むための設備・機械器具の購入・整備費用、補修・改良・拡充のための費用、商品の仕入れの初期費用など (明らかに食事の提供が主目的でなければ、風俗営業は対象外です。)
      ◇他制度の優先活用、自己資金の準備などの貸付条件があります。窓口でご相談ください。
      ◇株式会社、NPOなどの法人、組合が行う事業・活動への貸付は行いません。
    2. 技能習得に必要な経費及びその期間中の生計を維持するために必要な経費(技能習得)
      ◇授業料、入学金、定期代など、技能習得期間中の生活費(直前までの収入証明が必要)
      ◇仕事をするうえで必要な免許を取得する経費(雇用・内定先において免許の必要性の証明が必要)
    3. 住宅の増改築、補修等及び公営住宅の譲り受けに必要な経費(住宅)
      ◇天災による被害防止のための住宅補強、バリアフリー改修、積雪時の雪下ろしの費用など
    4. 福祉用具等の購入に必要な経費(福祉用具購入)
      ◇オプチスコープ、油圧式リフト、電動式ギャッジベッド、障害者用コミュニケーション機器など
    5. 障害者用自動車の購入に必要な経費(障害者自動車購入)
      ◇購入車種の排気量、価格、グレードなどの購入車種の制限があります。買替えの場合、8年以上経過していることが必要です。その他、貸付条件がありますので窓口でご相談ください。
      ◇障害のある方の通勤、通院、社会参加の目的で使用される場合に限ります。
    6. 中国残留邦人等のかかる国民年金保険料の追納に必要な経費(中国残留邦人年金追納)
    7. 負傷又は疾病の療養に必要な経費、及びその期間中の生活費(療養)
      ◇医療費の自己負担額、オムツ代、クリーニング代、通院にかかる費用など
      ◇療養期間中の生活費(ただし、療養期間後の生活収入確保などの見通しが必要です)
    8. 介護サービス、障害者サービス等を受けるのに必要な経費。及びその期間中の生活費(介護等)
      ◇介護サービスや障害福祉サービス等の自己負担費用、介護保険料、償還払いサービスの利用料、施設サービス利用時の食事標準負担額など
      ◇介護サービス期間中の生活費(ただし、貸付後の生活収入確保などの見通しが必要です)
    9. 災害を受けたことにより臨時に必要となる経費(災害援護)
      ◇被災した住宅の復旧及び家財の購入、田畑、工場、倉庫などの復旧に必要な臨時的費用
    10. 冠婚葬祭に必要な経費(冠婚葬祭)
      ◇結婚・出産及び葬祭に必要な経費
      ◇出産一時金の支給を受けるなど他制度の活用を求めることがあります。
    11. 住居の移転等、給排水設備等の設置に必要な経費(転宅)
      ◇引越し運送費、敷金、権利金、礼金、仲介手数料、水道又は下水排水路等の整備など
      ◇転居に伴い電化製品・家財などを購入した場合、すみやかに領収書の提出をいただきます。
    12. 就職の支度に必要な経費(支度)
      ◇就職に際し、スーツやカバンなどの被服費用、初回通勤定期代、住居にかかる費用など
    13. その他、日常生活上一時的に必要な経費(一般福祉)
      ◇冬期の暖房用燃料の一括購入、冷暖房器具の購入、修学旅行費、帰省費用、年金の後納・未納掛金、家主などから強制退去が求められている場合の滞納家賃相当額(9ヵ月限度)など
  • 緊急小口資金:次の理由により緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に、少額の資金をお貸しする制度です。

    ・医療費または介護費の支払など臨時の生活費が必要なとき
    ・給与などの盗難または紛失によって生活費が必要なとき
    ・火災など被災によって生活費が必要なとき

貸付限度額

据置期間

  • 福祉費:3カ月以内
  • 緊急小口資金:2カ月以内

連帯保証人

 連帯保証人が、原則として1名必要となります。

 連帯保証人は、原則として京都府内に居住し、65歳以下で、かつ借受世帯の生活の自立と安定のための支援と協力に熱意を有する者とします。また、連帯責任を負うに足る資産・収入を確認するため、連帯保証人の収入があることを証明する書類を添付していただくことが必要となります。

 ただし、京都府外に居住する連帯保証人しか得られない場合はご相談ください。

 なお、本資金の借受人や生活保護受給者は連帯保証人にはなれません。

貸付金の利率

  • 福祉費:
    *連帯保証人を立てる方:無利子
    *連帯保証人がいない方:年1.5%
  • 緊急小口資金:無利子

貸付金の償還

  • 福祉費:資金の種類によって異なります。
  • 緊急小口資金:据置期間経過後8カ月以内で償還をしていただきます。

必要書類について

 借入申込みにあたっては、必要な書類をご用意していただく必要があります。詳しくはお問合せください。

お問合せ

お住まいの各区社会福祉協議会へご相談ください。

社会福祉法人 京都市社会福祉協議会
〒600-8127
京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町 83-1 ひと・まち交流館 京都 内
TEL:075(354)8731
FAX:075(354)8736
お問合せ