ホーム の中の 本会の災害支援

本会の災害支援

平成23年11月28日

役職員・関係者などの被災地派遣

 東日本大震災の被災地支援では、職員延べ454名を仙台市など宮城県下の市町村社会福祉協議会に派遣し、災害ボランティアセンター運営などの支援を行うとともに、4月末、村井会長などが仙台市を訪問し、ボランティアバスにより現地で活動していた学生ボランティアなどを激励しました。
 また台風12号被災地支援については、和歌山県田辺市社会福祉協議会などに職員延べ74名を派遣するとともに、那智勝浦町に職員ボランティアバスを運行しました。

義援金など

 これまでに受け付けた義援金2000万円は京都市を通じて被災地に、また指定のあった義援金など1300万円は仙台市社会福祉協議会等、10万円は和歌山県社会福祉協議会に届けました。引き続き義援金の受付をしています。

その他の支援

  1. 山科区、伏見区、西京区などの各区社会福祉協議会では、京都市内への避難者に対して被災者交流会や生活福祉資金貸付の相談会などを開催し、各種地域団体などの支援や被災者相互の助け合いが生まれています。(366人)東日本大震災
  2. 本会では、避難者のリフレッシュを目的とした「よ~おこしやす!京都」を、平成23年8月に小学生を対象に、平成23年9月~10月に高齢者を対象に実施しました。(21人)東日本大震災
  3. 福祉ボランティアセンターや区ボランティアセンターでは、災害ボランティアの相談やボランティア保険の加入手続を行っています。(772件)東日本大震災平成23年台風12号
  4. 京都災害ボランティア支援センターを京都府災害ボランティアセンターと共同で設置し、東日本大震災被災地支援や避難者支援などにあたりました。(平成24年3月31日閉所)
    東日本大震災平成23年台風12号
社会福祉法人 京都市社会福祉協議会
〒600-8127
京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町 83-1 ひと・まち交流館 京都 内
TEL:075(354)8731
FAX:075(354)8736
お問合せ